管理画面

注目の最高裁判決
2020年10月17日事務所からのお知らせ

日本郵便事件の最高裁判決が出されました

10月15日、最高裁判所第一小法廷にて、日本郵便事件の最高裁判決が言い

渡されました。

判決では、郵便の業務を担当する正社員と時給制契約社員との労働条件の

相違について、示されました。

全体でも、契約社員との合理性が認められない判決となりました。

また、10月13日、最高裁判所第3小法廷にて、大阪医科大学事件、メトロコ

マース事件の最高裁判決が言い渡されました。

こちらの方は大阪医科大学事件、「本件大学の教室事務員である正職員に対し

て賞与を支給する一方で、アルバイト職員である第1審原告に対してこれを支

給しないという労働条件の相違は、労働契約法20条にいう不合理と認められる

ものに当たらないと解するのが相当」として、原告の請求を退けました。

今回の判決で、経営者としても、支給範囲等諸事情、個別手当等の支給目的等

をさらに整理確認をする必要が出てきました。

以前の投稿[最新5件]

人事制度の重要性が増しています。
2021年04月06日事務所からのお知らせ
転職してもマイナンバー提出不要?
2021年03月05日事務所からのお知らせ
雇用調整助成金特例延長
2021年01月29日事務所からのお知らせ
今年も宜しくお願いします。
2021年01月07日事務所からのお知らせ
延岡市役所講堂にて
2020年12月18日事務所からのお知らせ
さらに過去の記事を閲覧する方はこちら