管理画面

雇用調整助成金相談で忙しい中・・
2020年05月18日事務所からのお知らせ

毎日、雇用調整助成金等の相談や、手続きで忙しい社労士が多いと思います。

その中でも、社労士、経営者として見逃しがちな重要法案が可決されつつあ

ります。

特に、経営に直結するような法案も日々進捗しています。

以下、日本法令さんの記事抜粋です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パートなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金改革関連法

案が、衆院本会議で可決された。現在、「従業員数501人以上」の規模の企業

に厚生年金加入義務があるが、これを段階的に引き下げ、2022年10月に

「同101人以上」、24年10月に「同51人以上」に拡大する。

参院での審議を経て、今国会で成立する見通し。

同法案には、このほか、在職老齢年金制度について減額基準を引き上げるなど、

高齢期就労を後押しする内容も盛り込まれている。

以前の投稿[最新5件]

職場のコロナ感染と労災保険について
2020年11月29日事務所からのお知らせ
気になる判決
2020年10月31日事務所からのお知らせ
注目の最高裁判決
2020年10月17日事務所からのお知らせ
雇用調整助成金の特例措置を延長
2020年10月09日事務所からのお知らせ
建設業許可でも社会保険加入要件
2020年09月11日事務所からのお知らせ
さらに過去の記事を閲覧する方はこちら