管理画面

働き方改革質問が増えています。
2019年04月18日事務所からのお知らせ

最近、働き方改革についての質問が増えています。

@中小企業は上限規制の 適用が1年間猶予されるが、そ中小企業は
上限規制の 適用が1年間猶予されるが、36 協定 届は従来の様式で
届け出ても構わないのか。

A「休日労働 を含んで」というのはどういう意味か。「休日労働」
は時間外労働と別のもなのか。

B使用者による 時季指定の対象となる、「有給休暇の日数が十労働
日以上 」には比例付与対象となる労働者であって、前年度繰越分の
有給休暇と当年度付与有給休暇とを合算して 10日以上になれば対象
者になるのか?

C使用者による 時季指定を半日単位や時間単位で行なうことは可能か?

言われてみれば、「そこが疑問だ。」という内容ばかりです。

これらの質問は、もちろん当事務所など社会保険労務士にお問合わせ下さい。

でも実は、厚生労働省もQ&Aを出しています。

大変参考になる内容となっています。

ぜひ確認をしておいてください。

以前の投稿[最新5件]

雇用調整助成金助成額上限額引き上げ緊急対応期間延長
2020年06月26日事務所からのお知らせ
雇用調整助成金の更なる拡充上限変更。
2020年06月15日事務所からのお知らせ
雇用調整助成金の生産指標が比較しやすくなりました!
2020年06月12日事務所からのお知らせ
雇用調整助成金と同じように活用したい助成金
2020年06月02日事務所からのお知らせ
小学校休業等対応助成金・支 援金の上限額変更
2020年05月28日事務所からのお知らせ
さらに過去の記事を閲覧する方はこちら